便秘に悩む猫におすすめのキャットフードは?人気ランキング

キャットフード便秘

猫は肉食だから野菜や食物繊維は不要だと思っていませんか。肉食動物とは、肉を食べる動物という意味ではありません。「植物性の食品だけでは必要な栄養を摂ることができないので、動物性の食品を取る必要がある動物」です。

 

ですから、手作りフードを上げる場合でも野菜や食物繊維を考えてあげましょう。何をどれくらいあげればよいか分からないという方には、総合栄養食とよばれるキャットフードを選ぶのがおすすめ

 

当サイトでは、偏食が多いといわれる猫ちゃんにおすすめの人気キャットフードをご紹介しています。もちろん、野菜や食物繊維も入っていますので毎日スッキリ。大切なたんぱく質のほか、ビタミンやミネラルも考えられているので毛艶がよくなると人気です。大切な猫ちゃんの便秘、少しでも早く解消してあげたい方はぜひどうぞ。

 

モグニャンの特徴

猫ちゃんの食欲を刺激する、香りと味わいを追求したフードです。偏食な子も多い猫ちゃんのことを考えて作られました。大好きな白身魚を贅沢に使っているので、香ばしいお魚の香りが広がります。開けた瞬間から、猫ちゃんも興味津々。負担がかかる穀物は使わない、グレインフリー。お腹を整えるリンゴと食物繊維しっかりのカボチャやサツマイモが、猫ちゃんの便秘を解消します。試食会で93%が継続したいと回答した食いつきが自慢です!

価格 3,960円
評価 評価5
備考 リンゴ・カボチャ・サツマイモ

 

シンプリーの特徴

猫ちゃんのための最高品質を考えて作られたフードです。小麦など炭水化物を消化できにくい猫ちゃんを考えて、穀物を使わないグレインフリーに。腹持ちがよく消化率の高いサツマイモで炭水化物を補給。食物繊維が豊富なオリゴ糖をプラスし、便の排泄をスムーズに促してくれます。1粒1粒を濃厚なフレーバーソースでコーティングしているので、猫ちゃんの食欲を刺激。食いつきのよいフードに仕上がっています。

価格 3,960円
評価 評価4
備考 オリゴ糖

 

カナガンの特徴

栄養バランスと美味しさを考えられたフードです。タンパク質が大切な猫ちゃんを考えて、高たんぱく低炭水化物になっています。安心のグレインフリー。サツマイモやリンゴの食物繊維、フラクトオリゴ糖でお腹を整え便秘を解消へ。平飼いチキンをつかっているので、猫ちゃんもおいしく食べられます。人間でも食べられるほど高品質で新鮮な材料が自慢です。

価格 3,960円
評価 評価3
備考 フラクトオリゴ糖

 

便秘の猫に良いキャットフードの選び方

 

もしも愛猫が便秘になってしまった時は、与えるキャットフードにも気をつけたいですよね。便秘の時にあげるといいキャットフードとは、どのようなものなのでしょうか?ここではその選び方について、解説していきます。ぜひご参考にしてみてください。

 

便秘解消用のキャットフードを選ぼう

 

便秘がちの猫ちゃんには、便秘解消になるような成分を含んだキャットフードを選んであげるといいです。キャットフードには、猫の便秘を解消してくれる作用のあるものもあるのです。このようなキャットフードに共通しているのは、【食物線維】を多く含んでいるところです。

 

しかし全ての猫ちゃんが、食物繊維入りのキャットフードで便秘が治るかといったら、そうとも限りません。そもそも猫は肉食動物なので、野菜や食物繊維を主食としているわけではなく、肉や魚メインの食事です。

 

猫によっては、身体に不要な野菜や食物繊維を摂取した事によって、さらに便が詰まってしまう心配もあるでしょう。しかしこれは使ってみなければわかりません!

 

もしかしたら便が詰まる事なく、食物繊維のパワーで便がストンと排出されるかもしれませんよね。まずは使ってみて、猫ちゃんの様子を観察してみましょう。

 

便秘に悩む猫ちゃんにおすすめ!カナガンキャットフード

 

カナガンは動物性たんぱく質をベースに作られているので、猫ちゃんの食いつきも良くなり、おいしく食べてくれるでしょう。
栄養満点な上、便秘にも効果的だと評判です。

 

猫ちゃんの身体に不要な穀物はいっさい入っていないので、消化が良い上に、便秘に効果的な食物繊維もたっぷり含まれています。その秘密はさつまいもです。これなら便秘に苦しむ猫ちゃんでも、さつまいもの食物繊維のチカラで便秘改善していけるでしょう!

 

猫が便秘になる原因は?

 

猫も人間と同様に便秘になってしまう事があります。その原因にはどんなものがあるのでしょうか?

 

猫の便秘で多い原因とは

 

・運動不足
・加齢
・あまり食べない
・水分不足
・薬の副作用
・ストレス

 

人間と同じような原因もありますよね。猫は水分をあまり自分からとらないので、飼い主さんが積極的に水分摂取の機会を与えてあげましょう。

 

ウェットフードに切り替えるのでもいいですし、常に水を用意しておくのもいいでしょう。しかし猫は水を見えるところに置いていてもなかなか飲もうとしないところがあるので、その場合は少し運動させてあげる、遊んであげるなどして、体を動かす時間を与えてあげます。すると猫は自分から水を飲むようになるでしょう。

 

猫が便秘になるとどんな症状が出るの?

 

・トイレが長い
・コロコロの便
・便に血がついている
・トイレの回数が増える
・トイレの時に大きな声を出す

 

特に気をつけたい症状が、トイレに行くのが頻繁になって長時間便器に座っているという行動です。便秘のせいで便が出ないのか、それとも尿が出ないのか見極めが肝心です。猫は便秘にもなりますが、泌尿器系の病気にもかかりやすいので、便秘かと思ったら膀胱炎だったという事も有り得ます。

 

猫が便秘の時の対処法

 

・キャットフードを変えてみる(食物繊維入りのキャットフードなど)
・運動させる
・水分補給
・サプリ
・マッサージ
・油分を与える

 

猫に与える食事が原因で便秘になってしまう事もあれば、食事を変えることで便秘が解消される事もあります。大事なのはそのキャットフードに含まれる成分です。

 

食物繊維入りのキャットフードであれば便秘解消効果が期待できると言えるでしょう。猫によって多少反応は違いますが、一度試してみるといいでしょう。油分を与える時は、例えばオリーブオイルを上にかけてみるのがおすすめです。

 

猫の便秘の症状は?

 

猫も便秘になってしまう事があります。猫が便秘になった時、具体的にどんな症状が出てしまうのでしょうか?ここでご説明していくので、ぜひご参考にしてみてください。

 

猫が便秘になった時によく見られる症状

 

猫が便秘になると、一般的に以下のような症状が現れます。

 

・便の水分量が多い
・下腹部がかたくなっている
・便が出ても細長い
・便の量が少ない
・頻繁にトレイに行く
・頑張っているのに便が出ない

 

この中でも、猫の下腹部がかたくなっている場合は、便秘の可能性が極めて高いです。便の水分量が多くなってしまうわけは、腸内の粘膜や水分が便と一緒に出てしまう下痢状態になっているからです。

 

便秘で吐いてしまう事もある?

 

猫の便秘の症状がひどくなれば、もっと違った症状が出てきます。

 

・食欲不振
・嘔吐

 

これはかなり便秘が進行している時に起きる症状で、深刻です。便秘のせいで猫ちゃんも弱ってしまい、免疫力低下し、衰弱したようになるでしょう。

 

飼い主さんか見ても元気がなく、餌の食いつきも悪くなります。免疫力低下によって、ウイルスや細菌も侵入しやすくなってしまうので、この時期はトラブルが増えないよう、細心の注意が必要です。

 

食欲不振の時はウェットタイプのキャットフードを

 

猫が食欲不振になってあまり餌を食べないようであれば、水分豊富なウェットタイプのキャットフードを与えてあげるといいでしょう。

 

このタイプは風味もはっきりしているので猫が好みやすく、ドライフードよりも圧倒的においしくて食いつきが良くなるでしょう。ウェットタイプであれば水分も一緒にとれるので、便秘対策にも効果的です。

 

猫の便秘を防ぐためにできること

 

便秘にならないように対策するには、日頃から猫の便の様子を観察する、トイレを清潔にしておくなどするといいでしょう。また、日頃から猫ちゃんとスキンシップをとり、少しの異変にも気づいてあげられるようにするといいでしょう。

 

猫の便秘解消に食事に工夫をしてみる

 

猫がいつもよりトイレに行く回数が多い、頑張って出そうとしているみたいだけれどなかなか便が出ない…などの時は、ひょっとした便秘かもしれません!

 

猫が便秘になってしまった時は、普段の食事に一工夫加えるだけでも、随分効果が変わってきます。当ページでは、猫の便秘解消に役立つ食事やアレンジ法をお教えします!ぜひご参考にしてみてくださいね。

 

オリーブオイル+キャットフード

 

オリーブオイルをキャットフードに混ぜてみるといいでしょう。オイルは便が出る時の潤滑油になってくれます。便の滑りをよくしてくれるので、オリーブオイルが便を出しやすくしてくれと期待できるでしょう。

 

油不足も便秘を招きます。油は脂肪になるから身体に悪いものと思っている人も多いですが、適度な油は身体に必要です。オリーブオイルはコレステロールの心配もなく、健康的な油としても知られています。味もクセがないので、猫ちゃんも抵抗なく食べてくれるでしょう。

 

食物繊維豊富なキャットフードを使う

 

猫が便秘になってしまった時は、毎日食べさせているキャットフードを見直してみてください。便秘に効果的な成分を含むキャットフードを使ってみると、便秘改善する事があります。

 

人間でも、便秘の時にはさつまいもやこんにゃく、りんごやごぼうなどから食物線維をとるといいと言われていますよね。猫も同じだったのです。キャットフードの中には、食物繊維入りのものも売られています。(カナガンなど)

 

ビオフェルミンを混ぜる

 

猫に便秘薬をそのまま服用させるわけにはいかないので、餌に混ぜてしまうといいでしょう。これも工夫の一つです。キャットフードに、便秘薬であるビオフェルミンを混ぜてみましょう。効かないかもしれませんが、一度試してみるといいですね。

 

猫の便秘解消にマッサージをしてみる

 

猫も便秘で悩む事が多いです。そんな時、マッサージをしてあげると効果が出る場合があります。私たち人間も、便秘になった時にお腹をマッサージする事で解消させようとしますよね。猫にはいったいどのようなマッサージが効果的なのでしょうか?

 

猫に効果的な便秘マッサージとは

 

猫にやる便秘マッサージはとても簡単です。猫ちゃんのお腹に「の」という字を書くようにしてマッサージしていきます。たったこれだけでも腸が動いて便を出してくれる事があるのです!

 

ただし、お腹を触られるのが嫌な猫ちゃんもいます。そのような猫ちゃんには、無理やりマッサージしようとしないようにしましょうね。

 

猫が便秘の時に役立つ解消法

 

ここで、猫が便秘の時、便秘マッサージ以外の対処法をご紹介しましょう。

 

・水分摂取
・毛玉対策
・浣腸
・ストレス解消させてあげる(運動、スキンシップ)
・整腸サプリを飲ませる
・キャットフードを便秘用のものに切り替える

 

キャットフードからもアプローチする

 

便秘マッサージをやってあげるのもいいですが、キャットフードを便秘用のものに変えてみるのも効果的です。普段使っているキャットフードは、総合栄養食の場合が多いでしょう。

 

しかしこれを便秘対策用のキャットフードに変えてみるのです。これだけでも便秘解消される場合があります。その秘密は、キャットフードに食物繊維が豊富に含まれているからです。

 

また、ドライフードを使っていたなら、これをウェットタイプのものに切り替えるだけでも効果があります。ウェットタイプの方が水分を多く含んでいるので、便秘改善に役立つのです。便秘マッサージと合わせて行う事で、より便秘解消効果がアップするでしょう。